Concept



                                                 建築は、人との出会いから始まります。お互いを深く知ることで、建築の夢に向かって新たなかたちが生まれます。

                                                 建築をつくる上では、ひとつとして、同じ環境の敷地はありません。

                                                 様々なコンテクストを読み、そこに込める思想がかたちとなり、個性のある建物 - Life Style - が生まれます。

                                                 建築には、思考から施工段階までの時間と人を要します。

                                                 単にモノをつくることで、終わる『モノづくり』ではなく、出来るまでの過程を語れる『モノがたり』が、建物をつくる上で、重要な意味を持ちます。

                                                 クライアントの考えに寄り添い、価値のある空間づくりを追い続けています。

                                                 建築の美しさには、意味があります。時代を超える建築(芸術)の中には、変わらないデザインがあります。

                                                 Composition−美しさの言語です。

                                                 無駄のない機能的なものほど、すべてにおいて美しく見えるものです。求めるかたちはそこにあります。

                                                 90年の歴史を刻む組織設計事務所 松田平田設計において、伝統の中に息づく技術や姿勢を学び経験を経て、新たな建築に日々向き合っております。


                                                                                                        富永 恒太 Kota Tominaga